上手に会話するために(2)

相手が話しをしている時は相槌をうつだけではなく、時々こちらから質問をしてみると良いでしょう。自分だけが話している、なんて状況も避けた方が良いですね。このフリータイムの時間を上手に活かして、いかに相手と会話を楽しむことができるかがお見合いパーティーの成功のカギと言えますが、実際の場面ではなかなか難しいものですね。しつこくならない程度に相手に質問して興味のある話題を聞き出し、それについて話を広げてみましょう。 最初は敬語を使いましょう。上手に相手と会話をするためには、おさえておきたいポイントがいくつかありますよ。いきなり馴れ馴れしい口調で話しをすると、軽く見られてしまったり、礼儀を身につけていないと受け取られてしまったりします。話が盛り上がってきてから徐所に話し方を崩していくと、新密度がアップしますよ。 お見合いパーティーでは、自由に相手と話をするフリータイムがあります。自分の話に興味を持ってちゃんと聞いてくれている、と好印象を与えることができますよ。これはプロフィールカードの趣味の欄を見れば分かりますが、カードに書かれていないことでも、積極的に相手に質問するなどして気づくこともあります。女性は少し控えめに、聞き上手な方が男性は好印象を受けるようです。 良い話題が見つかったら、話し方にも注意してみることが大切です。話題を選ぶ時は、相手が興味のある話題をしてみましょう。会話が弾めば、相手に好印象を与えることができます。相手の興味のありそうな話題の中に自分も興味がある事柄があれば、なおさら話が盛り上がりますね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。