上手に会話するために(1)

初対面の人と話すのは、誰でも緊張するものです。ですが話すことが苦手だからといって参加しないのでは、何も変わりません。お見合いパーティーに興味はあるけど、自分は初対面の人とは話すのは苦手だから・・・といった理由で参加を迷っている人は少なくないですよね。好意を持った男性に対してはなおさらのこと、勇気を持ってしっかり目を見てアピールしてくださいね。パーティーに参加する前日から内容を考えておけば、当日スムーズに書くことができますね。 話すことが苦手な人は、プロフィールカードを念入りに書いておきましょう。まずは、笑顔がポイントです。一度参加してしまえば、何かが変わっていきますよ。女性は笑顔が一番ですよ。できる限りの努力をしておくことが大切ですよ。 プロフィールカードの趣味の欄などに相手が興味を持ちそうなことを書いておけば、たとえ話が苦手でも、相手の方から話題を作ってくれます。話す時は、相手の目を見て話しましょう。話すことが苦手でも笑顔で接していれば相手も声をかけやすく、会話も引っ張っていってくれるでしょう。趣味は読書や映画で、特に楽しい事は書けない、という人でも、好きな本はどんな本なのか、最近見た映画は何なのか、など詳しく書いておけば、そこから話題が作れるものです。 好意を持った男性に対してだと、なおさら目を見ることなんてできない!と思ってしまうかもしれませんが、「自分に興味がないのかな?」と思われてしまう場合もありますよ。恥ずかしくてなかなか難しいと感じる人もいるかと思いますが、自分の顔をしっかり見て話してくれる人は、男性にとって好印象を受けます。お見合いパーティーでの上手な会話方法をチェックしておきましょう。ほとんどのパーティーでは、事前にプロフィールカードを書いておき、最初に会話をする時はお互いのプロフィールカードを交換して話をすることになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。